CLASS REPORT~授業を覗いてみよう!

11月22日(土)日テレ『笑点』公開録画見学実施!

2014 11/23 投稿

落語 

11月22日(土)後楽園ホールにて、麹町落語塾恒例 『笑点』 公開録画見学を実施しました。

 

この日は、リハーサルの合間に、演芸のコーナーに出演する「テツandトモ」さんが塾生たちを迎えてくれましたよ!

 

いよいよホール内に案内されると塾生たちは最前列にかぶりつき、ノリノリです。

 

本番収録後には、三遊亭小遊三師匠が現れて、塾生たちと記念写真に参加してくださいました。

いつもありがとうございます。

 

放送予定は、平成26年12月21日(日)17:30~18:00 とのことです。

 

11月20日(木)麹町落語塾

2014 11/23 投稿

落語 

 

11月20日(木)麹町落語塾のリポートです。

 

この日は、講師の三遊亭とん馬師匠が、国立演芸場11月中席で一席終えられてきた勢いで、こちらの教室でも一席披露してくださいました。

 

 

 

そして、麹町落語塾では中堅の域に入ってきた麹家穂いくさんの根多決めも行いました。

皆さんのご意見も伺い、多数決で「壺算」に決定!

 

年明け1月10日(土)発表会が、またまた楽しみになりました。

11月11日(火)寺門和夫さんを講師に迎えて

2014 11/19 投稿

社会人/第一線 

 

 

11月11日(火)『第一線で活躍する人から学ぶ講座』では、科学ジャーナリストの寺門和夫さんを講師としてお迎えしました。

2014年の主な科学の話題を取り上げて、解説いただきました。

 

 

先ずは、STAP細胞の話題から・・・。

 

 

猛威をふるっているエボラウイルスの話・・・。

 

 

この夏、代々木公園を中心に騒ぎとなったデング熱・・・。

 

 

HIVウイルスが人間社会へ拡がった経緯など・・・。

 

 

一方、10月末に起こったアンタレス・ロケット打上げ失敗のニュース・・・。

 

 

そして、11月末のはやぶさ2打上げの話まで・・・。

 

 

 

更には、若田さんがISSへ向かう際に行なわれたロシアでの打上げにまつわるエピソードも解説していただきました。

 

 

おまけに、ISSから見た夜の地球の映像も披露してくださいました。

 

本当に、身近な話題から壮大な宇宙の話まで、その知識もたいへん広く、深いものをお持ちであると感じました。

 

 

講座後、懇親会にもお付き合いいただき、感謝、感謝です!

 

絶対、夢をあきらめない!!フリーアナ養成クラス

2014 11/15 投稿

アナウンススクール フリーアナウンサー養成クラス

「フリーアナウンサー養成クラス」では、

1度社会に出たけれど、“喋り手”への夢を叶えたい!

現在、タレントやモデルの仕事をしているが、

自分のスキルを磨いてステップアップしたい!

そんな方たちが学んでいます

 

この日の講師は、大神いずみ先生

まずは、ウォーミングアップ!

「原稿読みで、どこまで息が続くかやってみましょう!」一斉に原稿を読み始めます

「えーっ、こんなに続くの!?」と驚く大神先生

生徒さんたちの出来は、予想以上!?

授業の開始時間より早くに来て、発声練習をした甲斐がありましたね

 

少し緊張がほぐれたところで、次は原稿読み

先生はポイントを例をあげながらわかりやすく説明していきます

生徒さんたちは聞き漏らすまいと熱心にメモをとっていました

授業が終わった後も、質問をしたりアドバイスをもらったりと、とても積極的!!

 

熱い意欲が感じられる「フリーアナウンサー養成クラス」のみなさん

 今日も、また、成長しましたネ!(by S.N)

今期も勢いよく ♪ レッスン中~

2014 11/14 投稿

タレントスクール:シニアタレントクラス 

  さて今期も、新・旧入り乱れてのレッスンがはじまりました。

 

10月のオーディションで入学した新しい方は、少し緊張気味に・・・ベテランの方は、それぞれ目標を持って・・・

本日のレッスンは~~発声・滑舌から・・・本日の講師は『文学座:田村先生』

 

      

 

今学期もよろしくお願いします。(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

11月13日(木)麹町落語塾

2014 11/13 投稿

落語 

木曜日です。さぁ、今日も 『麹町落語塾』を覗いてみましょう!

 

 

特別講義を挟んで、2週間ぶりに三遊亭とん馬師匠の登場です。

上の写真、実はまだ19時の開始を迎える前の光景です。

塾生の皆さんの集まりが良く、定刻を待たずに、とん馬師匠が一席披露してくださいました。

早い方は18時前から教室にやってきて、自主的に稽古をしています。

 

 

 

 

そして、級長の寛太さんには、先週の特別講座の感想を話していただいたり、「はんどたおる」という根多を稽古している馬菜々さんには、高座にあがっていただきました。

 

 

 

 

そして、後半には、二ツ目の双葉姉さんに一席、現在稽古中の「明烏」を披露していただきました。

最近流行りのフレーズや独特の“くすぐり”を入れながら、双葉さんらしく演じていました。

 

麹町落語塾は、年明け1月10日(土)の発表会に向けて、いよいよ折り返し地点を迎えます! 

 

11月6日(木)麹町落語塾 特別講座実施

2014 11/7 投稿

落語 

 

11月に入って最初の麹町落語塾では、少し落語を離れて、特別講座を実施しました。

放送作家で、お笑い劇団「夢知無恥」を主宰されている下等(かとう)ひろきさんを講師に迎えました。

 

 

講座はワークショップ形式で進められました。

先ずは「お互いを褒める」・・・

新たな自分を発見する機会にもなれば、嘘も方便もあり(笑)

 

そして、続いては・・・

 

グループごとに高座にあがって・・・

 

 

泣いてみたり、笑ってみたり、怒ってみたり・・・ 

 

 

講師の合図で、喜怒哀楽を一瞬で切り替えて表現しました。

いやはや、塾生の皆さん、なかなか達者で、それぞれの個性も出ていて、見ていた私も笑い泣きしてしまいました。

 

後半では、下等さんの師匠である海老原靖芳さんが執筆された『奇蹟の落語会』(牧野出版)という本の中から、「初鰹」を選び、熊さん八つぁんなど、普段は独りで登場人物を演じ分ける落語ですが、今回は役を振り分けて、数人で物語の台詞を言っていく、というやり方をしました。

 

今日の体験を落語にフィードバックし、新境地を開いていただければ幸いです。

 

10月28日(火)『第一線で活躍する人から学ぶ講座』 開講!

2014 11/2 投稿

社会人/第一線 

企画内容を変更してリニューアルした『第一線で活躍する人から学ぶ講座』が、10月28日(火)19時、汐留・日テレタワー24階「カンファレンスホール」にて開講しました。地上150mくらいでしょうか、夜景も奇麗に見えます。

 

 

 

 

1回目は、日本テレビ報道局記者・解説委員の清水潔さんを講師としてお迎えしました。

かつて、「桶川事件」報道では、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」、著書『桶川ストーカー事件』で「JCJ大賞などを受賞されています。

 

 

 

 

日本テレビ報道特番ACTIONにおいて足利事件冤罪キャンペーン報道・北関東連続幼女誘拐殺人事件を展開。「民間放送連盟最優秀賞」、「ギャラクシー賞」など2年連続受賞。

 

著書『殺人犯はそこにいる』で「新潮ドキュメント賞」、「日本推理作家協会賞(評論その他の部門)」を受賞されています。

 

これら5件の事件は同一犯の犯罪ではない、と解説されていました。

 

そして、「事件取材・報道の目的は、酷い事件の再発防止である!」という言葉が印象的でした。

 

 

 

 

尚、今回の講座は、一般の受講生だけでなく、日本テレビ 人事部 様、日テレ アックスオン 人事・労務部 様、 日本テレビアート 人事労務部 様の企業研修としてもご利用いただいております。

報道記者を志す学生もいるからか、活発な質疑応答も展開されました。

 

 

 

 

講座実施後、日テレタワー1階にある「THE ROSE & CROWN」にて、清水講師を囲んで懇親会も行われました。

取材の裏話を聴けたり、清水さんの気さくな人柄が伝わってきました。

 

 

10月30日(木)麹町落語塾

2014 11/2 投稿

落語 

 

 

10月30日(木)麹町落語塾は今期3回目でした。

高座名の決まった、写真左から「 はく馬」さん、「十笑」さんです

 

 

そして、こちらはある意味ベテランの新人「竜笑」さんです。

 

 

3つ候補があり悩んでいる方には、麹家一門の皆さんの意見も伺い、「ぶんぶん」さんに決定!

 

 

 

お手本一席では、橘ノ双葉さんに「猿後家」、三遊亭とん馬師匠に「壺算」を披露していただきました。

 

 

 

来年1月10日(土)発表会に向けて、“根多”も徐々に決まってきています。

11月からは、6日(木)特別講義を挟んで、本格的に稽古に入ります。 

 

アーカイブス

■2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
■2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2016年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2015年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2014年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2013年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月