CLASS REPORT~授業を覗いてみよう!

6月26日(木)麹町落語塾、命名式!

2014 6/27 投稿

落語 

 

 

6月26日(木)麹町落語塾は、この日が公式練習最終日でした。

発表会の演目の仕上がり具合をとん馬師匠に見ていただきました。

 

 

 

「桃太郎」に取り組む新人の麹家わいんさんには、橘ノ双葉さんがマンツーマンで指導もしました。

 

 

「山号寺号」を演じる予定の麹家てれびさんを囲んで、尺(時間)調整の為、どの寺をカットするか相談する姿も見られました。

 

 

そして、新人さんたちの「命名式」も行われました。

お仕事の都合などで、全員が揃うことはできませんでしたが、それぞれの「めくり」を手に、発表会に向けて身の引き締まる思いをされたのではないでしょうか。

 

『第13回 麹町落語塾 大発表会』は、7月21日(月・祝)11:30 開演予定です。

新宿永谷ホールにて、ご期待ください! 

 

 

水田伸生さん、受賞!

2014 6/26 投稿

社会人/第一線 

 

 

6月17日に『第一線で活躍する人から学ぶ講座』の講師を務めてくださった水田伸生さんが演出した日本テレビ系ドラマ「Woman」が、『第40回 放送文化基金賞』番組部門のテレビドラマ番組奨励賞に輝きました。

 

6月25日、都内で贈呈式が開催されました。

 

おめでとうございます!

今期も半分が終わって・・・

2014 6/25 投稿

コーラス 

4月から開講の「フォレスタ・コーラス講座」も早いもので、半分の10回が終わり、本日のレッスンで折り返しとなりました。

レッスン終わりでパチリッ!!

本日の講師は上沼さんと山元さんでした~♪ そして今月の課題曲は・・・

 

謎のポーズ!?アナウンサ受験クラス・・・

2014 6/24 投稿

アナウンススクール 


全員で両手を上に挙げ、一体何をしているのでしょう!?

実は、「アナウンサー受験クラス」のウォーキングのレッスンの1コマ

 

アナウンサー採用試験を勝ち抜くには

話し方だけではなく、姿勢や歩き方にも気を配らなくてはなりません

 

講師はモデルでタレントの佐藤由季さん

ミスインターナショナル日本代表のファイナリストの経験を活かし

美しい立ち居振る舞いの指導をしてくれました

写真のポーズは、姿勢よく歩く為に必要な練習なんだそうです

 

2時間のレッスンを終えた受講生たち

下校時には来た時よりもグッと姿勢が良くなり

自信に満ちて見えましたヨ!

 

 

 

 

『笑点』放送!

2014 6/22 投稿

落語 

 

 

麹町落語塾では、平成26年5月31日(土)日本テレビ公開放送『笑点』の見学を実施しましたが、本日、6月22日(日)17:30から、見学した日に収録した内容の一部が放送されます。

 

中でも注目は「日テレアナウンサー派閥抗争大喜利」で、かつて麹町落語塾に在籍していた「麹家する芽」さんこと中島芽生(めい)アナウンサーも出演します。ご期待ください!

オーディション必勝法!自己PRの極意!!

2014 6/21 投稿

アナウンススクール 

一度社会に出たけれど、やはり「喋り手」への夢を叶えたい・・・

今、モデルやタレント等の仕事をしているが

自分のスキルを磨いて可能性を広げたい

そんなプロのたまごたちが学んでいるのが

「フリーアナウンサー養成クラス」です

 

この日は

フリーアナウンサーの旗本由紀子さんによる「自己PR」の講義でした

フリーアナウンサーとして仕事をするためには

まず、番組やプロダクション等のオーディションに合格しなければなりません

そこで必ず行われるのが「自己PR」

自分の強みや魅力を上手く表現して審査員の印象に残るようにするには

どうすればいいのか?

旗本さんもフリーアナウンサーとしていくつものオーディションを

パスして自分のやりたい仕事をGetしてきたベテラン

経験をもとにオーディション必勝の極意?を教えてくれました

 

旗本さんによると

その番組や役割によって

自己PRの内容は変えるのがベター

 

そのために自分を客観的に分析しアピールする所を

相手に合わせて決める

「話材」を変えて何種類か用意しておけば

どんなオーディションでもあわてずに対処できるという訳です

 

授業では

「高校野球のベンチリポーター」「天気予報のキャスター」「グルメリポーター」

などのオーディションを想定して発表

旗本さんが1人ひとりに丁寧に講評しました

 

それをメモを取りながら真剣に聞く受講生達

いつか本当に

皆さんにオーディション合格の知らせが届きますように!

6月19日(木)麹町落語塾

2014 6/20 投稿

落語 

 

今期の公式練習日は残すところあと2日、麹町落語塾の稽古を覗いてみましょう。

 

 

この日の講師は、三遊亭とん馬師匠と三笑亭可女次さんです。

 

 

可女次さんクラスの様子を伺ってみましょう。

 

 

 

先ずは、発表会で麹家サンバさんが演じる「ちりとてちん」のお手本です。

お酒を美味しそうに呑んだり、茶碗蒸しをいただくシーンです。

 

 

 

「転失気」を演じる新人の麹家へい遊さん、「お見立て」を演じるベテランの馬ん次さんにも的確なアドバイスをしてくださいました。

 

 

いよいよ来週、6月26日(木)が最終公式練習日となります。

新人さんの高座名の「命名式」を行う予定です。

塾生23人が勢揃いして祝いたいものです。 

 

『第13回 麹町落語塾 大発表会』

平成26年7月21日(月・祝)

11:00開場、11:30開演予定

会場/新宿永谷ホール

 

詳しくは、麹町落語塾のページをご覧ください! 

 

 

 

朗読発表会開催!!

2014 6/19 投稿

朗読 

今期4月から始まった【基礎から学べる朗読講座】の発表会が開催されました。

控室の和やかムードとは一転、リハーサルは真剣そのもの。

自分で選び抜いた本を、3カ月で読み込み本番に臨みます。

今回の発表会が初めての方も、何度か発表会を経験している方も・・・とてもいい緊張感で自分の順番を待ちます。さぁ~次は自分の番♪♪

みなさん!本番に強いっ!!!発表会の教室は、終始素晴らしい癒しの空間になりました。

 

6月17日(火)水田伸生講師を迎えて

2014 6/19 投稿

社会人/第一線 

 

6月17日(水)『第一線で活躍する人から学ぶ講座』では、日本テレビでドラマや映画、舞台の演出を手掛ける水田伸生さんを講師に迎えました。

 

 

1981年入社・制作局配属、当時の人気ドラマ「池中玄太80キロ」などに携わり、その後、情報番組の「ルックルックこんにちは」やバラエティ番組の「スーパージョッキー」、クイズプロジェクトに参加し、「クイズ世界はSHOW by ショーバイ」のディレクターも経験されたそうです。

 

1991年には、連続ドラマのプロデュースを立て続けに担当するも、なかなか上手くいかず、その後、チーフ演出に返り咲き、1995年の連ドラ「恋も二度目なら」をはじめ、ヒットを飛ばすようになりました。

 

2000年からは「七人ぐらいの兵士」など舞台演出も手掛けはじめ、2005年からは、いよいよ映画の監督も務めるようになり、「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」、「舞妓Haaaan!!!」など、数々の映画を世に生み出しました。

 

そして、2010年の連ドラ「Mother」や2013年の「Woman」でも、数々の賞を受賞しています。

 

 

「視野を広げ、間口を広げて、様々なことを吸収することが大切。すぐに仕事には役立たないかもしれないが、0(ゼロ)から何かが生まれることは無い。強く心に残っていることから 生まれてくるものだ!」という言葉が印象的でした。

 

「演出家として大切なことは、しっかりと準備して、良いシナリオを作り、スタッフのモチベーションを高め、シナリオに対して同じ方向を向くこと」ともおっしゃっていました。同感であります。

 

ユーモアを交えながらも、大切なキーワードがちりばめられたお話でした。

 

 

この夏、『24時間テレビ37』スペシャルドラマの演出を担当されるそうです。

8月30日(土)よる放送予定です。ご期待ください!

6月12日(木)麹町落語塾

2014 6/15 投稿

落語 

稽古も終盤の麹町落語塾、約1ヶ月ぶりに三笑亭可女次さんに参加していただきました。

 

 

 

写真は「たらちね」のお手本を見せていただいているところです。

 

 

塾生の質問にも気さくに答えてくださいます。

 

 

 

塾生の皆さんのテンションも日に日に上がってきています。

公式練習は残すところあと2回。

 

その後、塾生たちは自主的に稽古会も開いて、7月21日(月・祝)発表会に臨みます!

 

 

日テレ学院名物「表現力実習」って何?

2014 6/14 投稿

アナウンススクール 

日本テレビ麹町ビルにあるスタジオで行われた

アナウンススクール「表現力実習」を覗いてみましょう!

 

ミュージカル俳優であり日テレ学院専任講師でもある国友淑弘先生が

アナウンサーに必要な「表現方法」を独特のスタイルで指導する

アナウンススクールの名物なんです

 

授業のスタートの自己紹介では「全員に伝わるように!」「15秒で!」「えーっと、あのー・・は禁止!」

と、次々に「ダメ出し」

わずか15秒でも自分らしさを出そうと受講生たちも必死です

それにみごとなテンポで一人一人に的を射たアドバイスが送られる様子は

ミュージカルの舞台を見ているよう・・・・

 

その後も「集団の中で覚えてもらえるには何が必要か?」など

実践的なレッスンが続きました

日テレ学院かからアナウンサーになって巣立っていったほとんどの

受講生が体験したこの講座

アナウンサーをめざすなら、ぜひ受講してみてください!

10月期の

「アナウンサー養成クラス」「アナウンサー受験クラス」で行われます!!

 

6月10日(火)木部暢子先生を迎えて

2014 6/13 投稿

社会人/第一線 

 

今期3回目の『第一線で活躍する人から学ぶ講座』では、国立国語研究所で副所長も務めていらっしゃる木部暢子先生をお迎えしました。

 

 

 

東京、鹿児島、富山、広島など、各地の方言のアクセントやイントネーションの特徴について解説いただきました。

 

WH-Question、いつ、どこで、誰が、何を、で始まる質問では一般的に語尾は下降し、Yes/No-Questionでは語尾が上昇します。

 

しかしながら、鹿児島ではWH-Questionでも語尾が下降するそうです。

お隣の熊本の人が鹿児島方言を聞いても、意味が分からないこともある、ということから、鹿児島方言は独自の進化を遂げてきているのだと理解しました。

 

 

一方、後半には「とびはね音調」にも触れられました。

「コレ、カワイクナイ?」を例題に、特に最近の若い女性の言い回しをご想像いただければ良いかと思います。

 

 

放送関係に携わっていると、日本語の乱れは気になるところではありますが、一方で、各地域の独特の方言は、それはそれで文化として大切にしていかなければならない、と感じた次第です。

 

木村学院長、登壇!

2014 6/10 投稿

アナウンススクール 

6月9日

木村・新学院長が講師としてアナウンサー受験クラスの教壇に立ちました

何やら大きな箱を持って登場した学院長・・・

アナウンサー採用試験で役に立つ、ある事に使うというのですが

それは受講してのお楽しみ・・・

つい先日まで日本テレビアナウンス部長として活躍していた木村学院長

その講義は実践的で、アナウンサーをめざす皆さんに今、必要なアドバイスが、たくさん詰まっていました!

これからもアナウンススクールの教壇に立ちます

新学院長のHOTな情報満載の授業にご期待下さい

2014版 宣材写真撮影

2014 6/6 投稿

タレントスクール 

いよいよ、この季節がやってまいりました!

年に1度の宣材写真の撮影です。みなさん事前に衣装のチェックをして撮影に臨みます。

 

カメラマンにのせられて~♪

1枚・2枚と撮っていくうちにどんどん表情が変わって・・・

 

さてさて今年は、どんなアルバムになるのか・・・今から楽しみです!!

   

 

  

6月5日(木)麹町落語塾

2014 6/6 投稿

落語 

 

 

今回の落語塾では、冒頭でお時間をいただき、6月4日(水)に日テレ学院の学院長に就任した木村優子(前 日本テレビ アナウンス部長)から、ご挨拶をさせていただきました。

 

皆様のお役に立てるよう、職務に努めて参る所存です。

 

さて、稽古の方では、とん馬師匠と共に橘ノ双葉さんにご指導いただきました。

 

 

 

所作、ちょっとした手の置き方の違いで、色々な役を演じ分けることができます。

 

公式練習は残すところあと3回。

次回は、三笑亭可女次さんに来ていただく予定です。

 

  

アーカイブス

■2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
■2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2016年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2015年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2014年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2013年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月