CLASS REPORT~授業を覗いてみよう!

『第一線で活躍する人から学ぶ講座』 ボクシング観戦!

2014 10/16 投稿

社会人/第一線 

10月15日(水)夜、以前、本講座の講師を務めていただいた高野人母美さんの女子プロボクシングの試合観戦を実施しました。

受講生の希望者が参加して、応援しました。

 

 

後楽園ホールの入口で、先ず目に付いたのが、このカッコいいポスターでした。

さすが、モデルだけに絵になります!

 

 

高野選手はリーチに物を言わせ、終始、試合を優位に進めました。

 

そして、見事!TKO(テクニカルノックアウト)で勝利を飾りました!!

 

受講生の皆さんと勝利を祝いました。おめでとうございます! 

 

 

 

『第一線で活躍する人から学ぶ講座』吉祥寺ツアー その7

2014 10/15 投稿

社会人/第一線 

サンロード沿いに佇む「月窓寺」、立派な門構えです。

この門に向かって右の方にサンロードがあります。

 

門を入って真っすぐ進むとこちらの境内が広がっています。

 

境内の一角に立つ玄奘三蔵法師像が私たちを迎えてくれました。

 

つづく

『第一線で活躍する人から学ぶ講座』吉祥寺ツアー その6

2014 10/14 投稿

社会人/第一線 

一行は「四軒寺」界隈にも参りました。

 

上の写真は「豊山派安養寺」にて、甲辛供養塔を見ているところです。

 

 

 

続いて、「武蔵野八幡宮」を訪れました。四軒寺の交差点に位置します。

 

 

 

五日市街道の南側に面した「光専寺」…、看板が見事です。

 

 

つづく

 

 

『第一線で活躍する人から学ぶ講座』吉祥寺ツアー その5

2014 10/12 投稿

社会人/第一線 

 

「井の頭恩賜公園」を後にし、吉祥寺駅の北側へ…。

「サンロード」というアーケード街は有名ですね。写真は五日市街道側です。

 

 

その五日市街道側からサンロードに入るとほどなく…

映画好きな方にはお馴染みかもしれません。既に閉館してしまった「吉祥寺バウスシアター」跡があります。

 

つづく 

 

『第一線で活躍する人から学ぶ講座』吉祥寺ツアー その4

2014 10/9 投稿

社会人/第一線 

 

 

井の頭池の畔を反時計回りに進むと、池の南西に位置する「井之頭辨財天尊」に到着。

 

 

 

 

辨財天に渡る橋の手前の灯篭には「日本橋」の文字が彫られています。

辨財天の周りには、蛇がとぐろを巻いた上に人の頭が載った不気味な像や「銭洗い弁財天」もありました。

その歴史を伺い知ることができます。

 

 

 

そして、辨財天の向かい側の階段を上がった住宅街の外れに参道跡がありました。

かつては、甲州街道方面から人々の流れがあったことを想像させてくれます。

 

 

 

辨財天を後にし、さらに井の頭池に沿って反時計回りに進むと、ちいさい秋みつけた!

 

つづく

 

 

 

『第一線で活躍する人から学ぶ講座』吉祥寺ツアー その3

2014 10/7 投稿

社会人/第一線 

 

 

いよいよ一行は「井の頭恩賜公園」に足を踏み入れました。

2017年には、開園100周年を迎える歴史ある公園だったのですね!

 

ご存知の方も多いかと思いますが、井の頭池は、神田川の源流でもあったのです。

 

 

 

かつてこの地には、徳川家康公が狩りに来て、湧水でよく茶をたてたことから「お茶の水」と呼ばれているそうです。

残念ながら、今はもう湧水ではなくなっているとのことです。

 

つづく

『第一線で活躍する人から学ぶ講座』吉祥寺ツアー その2

2014 10/3 投稿

社会人/第一線 

吉祥寺駅から南へ、「井の頭恩賜公園」に向かう・・・。

すると、その前に現れたのは焼き鳥の老舗「いせや」さん!

 

いせや

 

昼12:00開店というのに、既に店の前には行列が・・・。

我々も思わずその列に並んでしまいました。

 

赤提灯

 

店内に入ると赤提灯のお出迎え。

 

サッポロラガービール

 

サッポロラガービールにも、お店のこだわりが伺えます。

 

つくね他

 

このあとの吉祥寺散策に向けて、まずは腹ごしらえ完了です。 

 

つづく

 

 

アーカイブス

■2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
■2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2016年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2015年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2014年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2013年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月