CLASS REPORT~授業を覗いてみよう!

12月17日(火)田原総一朗さん、講座に登場!

2013 12/17 投稿

社会人/第一線 

ジャーナリスト 田原総一朗 氏 

ジャーナリスト 田原総一朗 氏

 

12月17日(火)『第一線で活躍する人から学ぶ講座』では、ジャーナリストの田原総一朗さんを講師に迎えました。

 

保守党とリベラルの関係性について、アメリカやイギリスと日本との違いの話に始まり、アベノミクスや特定秘密保護法など、旬の話題についても触れていただきました。

 

講座の後半は、受講生たちとの質疑応答で展開しました。

 

 

年内は、この日が講座の最終日で、次回は、年明けの1月14日(火)に、第9代WBA世界スーパーフライ級チャンピオンの飯田覚士さんを講師として迎える予定です。ご期待ください!

12月3日(火)箱根駅伝、90回目の節目を迎えて

2013 12/4 投稿

社会人/第一線 

神奈川大学陸上競技部 大後栄治 監督

神奈川大学陸上競技部 大後栄治 監督

 

12月3日(火)『第一線で活躍する人から学ぶ講座』は、新春の風物詩『東京箱根間往復大学駅伝競走』(箱根駅伝)の大会を運営する関東学生陸上競技連盟の駅伝対策委員長を務める大後栄治さんを講師にお迎えしました。

 

神奈川大学陸上競技部の監督として、先週末、合宿を行ってきたということでしたが、大会開催まであと1ヶ月という盛り上がりを見せていく時期に、90回目の節目を迎える『箱根駅伝』について、その成り立ちや歴史、第63回大会を機に日本テレビが生中継を始めてからのエピソード、主催団体としての苦労、監督としての想い、そして、第100回大会に向けての展望など幅広く語っていただきました。

 

 

「襷に魂を宿す」という言葉がとても印象に残りました。

箱根駅伝では、母校の襷に、それぞれの想いが込められて、伝統と共に受け継がれていくのですね。

 

 

 

日本テレビの生中継が始まった63回大会、当時、大後先生は日体大のマネージャーを務められ、監督・コーチ不在のチームを実質的に率いて、総合2位の成績を残されました。

 

神奈川大学陸上競技部監督としては、73・74回大会で2連覇を成し遂げていらっしゃいます。

 

 

第100回大会に向けては、大会が注目されて以来、支持もあれば、一方で交通渋滞等に対する苦情や問題も多々ある、驕りがあっては大会は長くは続けられない、と謙虚に運営をしていく姿勢も見せていらっしゃいました。

 

日本テレビに対しては、「テレビが箱根駅伝を変えてはいけない」という放送哲学が代々受け継がれているとお褒めの言葉もいただきました。

 

『第90回東京箱根間往復大学駅伝競走』(箱根駅伝)は、平成26年1月2日(水)、3日(木)いずれも朝7:00から、日本テレビで放送されます。

 

神奈川大学のシード権獲得を期待しつつ、健闘をお祈り申し上げます。

 

 

アーカイブス

■2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
■2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2016年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2015年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2014年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2013年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月