CLASS REPORT~授業を覗いてみよう!

「ZIP!」の安藤翔アナ講師デビュー!

2014 3/31 投稿

アナウンススクール 

アナウンサー養成短期クラスの授業に

身長187センチ、日テレアナウンス部で一番長身の安藤 翔アナが

講師として初登場!アナウンサーの仕事の魅力や苦労

アナウンサー採用試験の体験などを語ってくれました

 

4月から入社3年目を迎える安藤アナ

さすがは

ボクシング・バレーボール・マラソン・バイクレースなど

さまざまな実況で鍛えただけあって

びんびん響くプロのアナウンサーの声を生で聴き

圧倒される受講生たち!

 でも、その気さくな人柄とユーモアいっぱいのトークで

教室はあっという間に笑い声で一杯になりました

 

優しい兄貴・・・と言った風貌の安藤アナですが

仕事はパワフルかつ緻密 

いかに膨大な量の取材をするか・・・

OAまでにそれをどのようにまとめているのか・・・

アナウンサーが放送までにしている驚くべきことの数々が

語られると受講生たちは、目をみはり聞き入っていました

 

夢は2020年東京オリンピックや野球の日本シリーズの実況!

と熱く語る安藤アナ

そのキラキラした姿を目の当たりにして

ますますアナウンサーへの夢を膨らませる受講生達でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テツandトモにインタビュー!!

2014 3/18 投稿

アナウンススクール 

フリーアナウンサー養成クラスの授業に

あの「テツandトモ」が登場!

それって「なんでだろーーー、なんでだろーーー???」

 

実はインタビューの実習のゲストだったんです!

日テレ学院併設のニチエンプロダクションに所属している

「テツandトモ」のふたり

フリーアナウンサーやリポーターをめざす受講生たちの

育成に一役買ってくれているのです

テレビやイベントで大活躍、新曲「桜前線」をリリースしたばかりで

ますますノッているふたりを前に

受講生たちは緊張しながらも、一生懸命インタビューしました

 

「テツトモさんのように”人生の輝く瞬間”を見つけるにはどうしたらいいですか?」

という受講生の真顔でのインタビューにはふたりも思わず真剣な表情に!

「人生いつもいいばかりじゃない、だから、いい時がより幸せに感じられる。

その中に輝ける瞬間がきっとあるのでは?」

そんな素敵な答えをくれました

 

フリーアナウンサー養成クラスは社会人として仕事をするかたわら

夢を叶えようと頑張っている皆さんのための講座です

テツandトモも応援するこのクラス

来期は5月10日(土)~開講です!

 

緊張するっ!街頭リポート実習!!

2014 3/8 投稿

アナウンススクール 

「わたしは今JR四ツ谷駅前の四谷見附橋の上に

います・・・!」元気いっぱいの声が響きます

「アナウンサー養成クラス」、「フリーアナウンサー養成クラス」の

受講生たちの街頭リポート実習です

プロのカメラマンの撮影で本格的に行われますから

通りがかりの人たちの注目度が、とにかく高い!

学生さんたちの言葉でいえば「ガン見される」?!

その緊張の中で

自分で取材したことを、自分の言葉で伝える

「難しさ」と「楽しさ」両方が味わえる貴重な体験・・・

受講生たちはリポートを終えると

「あーーー!くやしい!!途中で何を言うか忘れちゃいました」

「口が全然回らなかった!!」など反省しきりでしたが

最後は「・・・でも、楽しかった!!!」・・と、どの顔も笑顔でした

 

アナウンススクール無料体験2014 第一回開催!

2014 3/3 投稿

アナウンススクール 

 

「アナウンサーになるにはどうすればよいのだろう」

「私がやっているアナウンスの練習って、プロの人の練習とはどう違うのかな?」

「アナウンサーになるための心構えを聞いてみたい!」

アナウンサーの仕事に憧れ、興味をもつ学生を対象に

2月27日(木)日テレ学院で「アナウンススクール無料体験2014」の

第1回が開かれました

 

講師を務めるのは、日テレアナウンサー

現役のアナウンサーが、アナウンサーを目指して努力したこと

アナウンサーになってから感じたことを語る

実践を含めた、たっぷり2時間の講義です

 

 

「聞きたいこと、答えます!」

 

今回の講師は「月曜から夜ふかし」「真相報道バンキシャ!」などで活躍する

上田まりえアナウンサー(2009年入社)

教壇に立つと、まずは本物の授業同様に出席確認

上田アナからひとりひとり声をかけられて

受講生は元気に「ハイ!」。上田アナも顔と名前を確認しながら授業をはじめました

 

上田アナが、まず言ったのは「質問のある人!」

受講生からは、一斉に手が上がりました

「一番苦しかったことは?」「アナウンサーになるために努力したことは?」

「落ち込んだときの解消方法は?」「尊敬している人は?」

「学生時代に熱中したことは?」「生放送中に体調を崩したことは?」

「私は声が高い。アナウンサー試験は声が低いほうがいい?」

「放送コンテストで、自分の世界に入っていると言われてしまった。どうしたらいいか」

「私はすごく緊張する。緊張をプラスに変えるには?」

こうした質問に、講義時間の半分近くを使って、丁寧に答える上田アナ

中には、女子学生から小声で「いま、声が枯れているんですが、喉のケアはどうしていますか?」という質問も

これに上田アナからは「潤いが大事なので、加湿器をつけて寝ます。飲む水も常温です

それと、大事な仕事の前日にお酒は飲まない。究極は、喉のマッサージもやります」という具体的な回答

こうした〝プロの仕事と日常生活〟の姿に、受講生は大きく頷いてメモをとっていました

 

「そのニュース、伝えるあなたが理解していますか?」

 

講義開始から1時間。「そろそろ、みんな声を出したいよね!」と上田アナ

いよいよ、アナウンスの実践です
約30人の参加者を3つに分けての発声練習

喉の調子の悪い受講生には「無理しなくていいからね!」の優しい言葉も

「あ・え・い・う・え・お・あ・お」の声が、教室に響き渡ります

そして、上田アナから配られたのは、ニュースの原稿

まずはプロのアナウンサー同様「下読み」をしました

そして、下読みが終わった後、上田アナが発した言葉に一瞬、驚く受講生・・・

「みなさん、○○○してください!」

これは、ニュースの内容をしっかり理解しているか、チェックする方法なんですが

どんな方法かは、ぜひ参加して体験を!!

ニュース原稿は自分が理解したうえで、初めて「伝える」ことが出来る・・・

上田アナの話に受講生達も「納得!」の表情でした

 

原稿を読んで、みえてくる「可能性」

 

下読み、ニュース内容の把握を経て、上田アナから「では、原稿を読んでみたい人!」の声

参加者は一斉に手を挙げます。同じ内容でも、読み方、伝え方は人それぞれ

読み終わると、一人一人に、原稿内容の理解、声、語尾、普段のおしゃべりとの違いなどを

上田アナウンサーがアドバイスしました

途中、つっかえてしまった人にも、丁寧な読み方、原稿との向き合い方を褒めるなど

受講生ひとりひとりが持つ個性を、武器に変えるコツを伝授

声の低い女性には「やりすぎるくらいの高い声を出してみてもいい」

ニュースアナウンサー志望の人には

「あなたの伝え方なら、スポーツ番組にも向いている」など、

参加することで初めてわかる、新たな可能性も話していました

 

最後は上田アナのお手本

受講生は皆さん、声の張りに耳を傾け、表情に注目し

プロのニュースの伝え方を学びました

 

「あきらめない人」が、アナウンサーになれる

 

学生時代から周囲に「私、アナウンサーになりたいんです!」と

言い続けた上田アナ、日テレ学院で基礎を学びました

そしてアナウンサーになった今も、ニュースの放送直前まで、

何度も何度も原稿を下読み、それでも放送で、上手くいかなかった時は影でこっそり泣いたことも

そして、上田アナは、常に携帯しているノートに反省点や課題を記して、次への糧としているとのこと

これはアナウンサー5年目を迎えた今もずっと続けているそうです

地道な積み重ねですが、諦めないことが、アナウンサーになり、アナウンサーを続けていける道かもしれません

こうした、放送の現場で働く講師のリアルな言葉が聞ける「アナウンススクール 無料体験」

「アナウンサーになりたい!」と思っているあなたの憧れを、その可能性を、より具体的なものにしていきます

 

アナウンス無料体験は、あと2回!

 

3月15日(土)15:00-17:00

3月26日(水)18:30-20:30

(ご希望の日程を選んでお申込み下さい)

 

参加者には、4月期のアナウンススクールレギュラー講座の

早期申し込み割引特典もあります

気軽に参加してください!!

 

詳しくはこちら!

 


アーカイブス

■2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
■2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2016年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2015年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2014年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2013年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月