CLASS REPORT~授業を覗いてみよう!

女子力アップ!ウォーキングのレッスン

2013 6/29 投稿

アナウンススクール 

今週のアナウンサー受験クラスの授業は、正しい姿勢と美しい歩き方のレッスンです

講師は、日テレ学院の卒業生で、ミスインターナショナル2013日本代表のファイナリストであり

モデルでタレントの佐藤由季さん

 

「アナウンサー採用試験の大勢の受験生の中で、審査員から、いいな、と思ってもらうためには、

“はい”、と大きな声でしっかり返事をすることや、姿勢、歩き方など

小さなことから1つづつ自分のいいと思ってもらえるポイントを増やしていくことだと思います」

と、受講生一人ひとりの立ち方や歩き方を丁寧にチェックしてくれました

 

最初は手と足、同じ方が前に出てしまうくらい緊張していた受講生たちですが

レッスンが終わるころには皆、晴れやかな笑顔で堂々とウォーキング!

女子力がグーンとアップして、大満足のレッスンでした!!

 

 

 

 

 

 

アナウンサー試験までに、今、必要な事とは?

2013 6/17 投稿

アナウンススクール 

アナウンサー採用試験対策準備は夏から本格的にスタートします

いったい何から始めればいいの!と不安に思っている就活生も多いことでしょう

そこでアナウンススクールの専任講師 河合彩先生に聞きました!

 

Q,在京キー局の中には、もう、アナウンスセミナーなどの募集が

始まっているところもありますが、就活生たちが今やっておくべき事とは何でしょうか?

 

A,本番の試験までに、自分の長所や短所、自分がやってきた事などを

きちんと整理しておくことだと思います。自分を良く知って、それを言葉で伝えられるようになって欲しいと思っています。

 

Q,アナウンススクールでは、この時期、どんな指導をしていますか?

 

A,きちんとした「話し方」の指導はもちろんですが、採用試験に向け「自分の磨き方」をお教えします

最近の学生さんを見ていると、自己PRをしてくださいと言っても「わたしってダメなんです・・・」という人が多い気がします。

ダメなところもあるけど、いい所もたくさんある、それを認識していないので、じっくり話を聞きながらその人に方向性を示すようにしています。

 

Q,アナウンススクールに入ろうか迷っている方もいると思いますが?

A,アナウンス試験の情報を得られたり、話し方を学べるのはもちろんですが、新しい場所に身をおくことで、

いろいろな意味で触発されるのがいいと思います。

普段の生活だけでは気づかないことがたくさんありますから。「迷っているくらいならなら、すぐいらっしゃい!」と言いたいです。

 

 

 答えてくれた河合先生は、先日、日本テレビの「スクール革命」に登場、タレントの鈴木奈々さんらを相手に、

話し方をびしびしと指導する様子が放送されるなど、いわばアナウンススクールの名物講師?!

元日本テレビのアナウンサーで、スポーツ番組のディレクターも経験しています。

 

でも何と言っても、スゴイのは、

河合先生、実は、フィギアスケート アイスダンスで、長野オリンピック日本代表、そして

アジア選手権では、アジアの頂点に立ったこともあるという人なんです。現在は、スケートの解説者としても活躍中。

 

話し方の指導だけでなく、ひとりひとりと向き合いながら、就活のサポートをしてくれる頼れるアネゴ、河合先生

ぜひ、そのアツい授業を受けてみてください!

  

日テレ右松アナのパワフル講義!

2013 6/4 投稿

アナウンススクール 

6月3日(月)のアナウンサー受験クラスに、講師として日本テレビの右松アナが登壇!

ニュースを伝えるアナウンサーのアツい思いを受講生たちに伝えてくれました!!

 

先日まで、フィールドキャスターとして現場を飛び回っていた右松アナ

振り返れば、移動した距離は、3年間で何と、地球6.5周分だとか!

 

スタジオのキャスターを任された今、

全力でニュースに向き合っているという右松アナ、とても輝いていました

 

もちろん受講生たちのニュース読みや自己PRを

ひとりひとり的確に講評してもらう時間もあり、本当に充実した授業となり

 アナウンサー受験にむかって受講生たちのモチベーションも

ググッ!と上がったのでした・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブス

■2019年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
■2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2017年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2016年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2015年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2014年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
■2013年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月