2月4日(火)ペマ・ギャルポ講師を迎えて | 日テレ学院

CLASS REPORT

2月4日(火)ペマ・ギャルポ講師を迎えて

2014年2月5日 社会人/第一線

 

2月4日(火)『第一線で活躍する人から学ぶ講座』では、チベット文化研究会研究所所長や複数の大学の教授も務めていらっしゃる、ペマ・ギャルポさんを講師に迎えました。

 

1980年には、ダライ・ラマ法王アジア・太平洋地区担当初代代表にも就任された方です。

 

所謂「中華人民共和国」におけるチベット問題の話に始まり、国際社会において日本のとるべき姿勢についても語っていただきました。

 

外国では言葉が武器になり、自分の意見をハッキリ言うことが大事だ、ということもおっしゃいました。

 

かつて、中国をはじめ各国の要人と会談されたことや、他にも様々な経験をされてきたことを伺うと、政治の裏側を垣間見た気がしました。

 

風貌とはギャップのある、とても親しみやすい先生でした。

また改めて、じっくりお話しを伺ってみたいと思います。